続・ときどき更新する趣味の模型日記

続・ときどき更新する趣味の模型日記

模型日記とありますが最近はライフスタイルネタ多めです。ソシャゲネタもやるよ。

天穂のサクナヒメ 3Dプリント用モデリング ポージングはこんなもんかと終える

サクナヒメのモデリングです

 

この3連休中にやり始めましたが

 

まあポージングはほぼ出来上がったので

 

各部位をラフ段階に仕上げていきます

 

まあ、体なんてほぼバラバラの状態ですがね・・・

 

今日は顔を微調整(まあそんな時間しかないのだ)

f:id:h_macky:20201124220922j:plain

 

やっぱり顔の表情がある程度決まると

 

その後の作業のモチベーションが上がってくるのです(・∀・)

 

なので顔だけは序盤でもちょっと詳細に仕上げていくようにしようかな~っと

 

おひいさまの あどけなく かつ 勇ましい そんな表情を目指していきますよ

 

天穂のサクナヒメ おひい様がかっこかわいいので3Dモデリングしたくなってしまう

米は力だ!

 

そう、米=パワーです

 

天穂のサクナヒメ 面白いですね~

 

現在は3年目の夏です

 

「出穂」の状態になりました

 

確かこの状態になると稲は水を多量に必要

 

雑草が生えてくるわ、日々肥料(もちろん肥溜めから作ります)

 

作らなければならないわで忙しいですなあ

 

アクション探索パート? 農作業の隙間時間にどうぞ(・∀・)

 

f:id:h_macky:20201123215826j:plain

 

稲作をしたり、鬼を成敗したりと大変忙しい

 

豊穣神サクナヒメ

 

f:id:h_macky:20201123220033j:plain

 

ゲームの中では本当に多彩な動きをみせており

 

キャラクターとしてもとても魅力的です

 

そうなると立体物が欲しいですね・・・

 

作りましょうか!!

 

って事で現在サクナヒメを作ってます

f:id:h_macky:20201123220107j:plain

ポージングはパッケージイラストのもの

f:id:h_macky:20201123220259j:plain

こんだけ迫力あるポーズなのに良く見ると振りかぶっているのは「鍬」!!

 

鬼なんて相手してる場合じゃねえ!

 

稲の方が大事なんだ!!

 

天穂のサクナヒメ やりたさにSwitch lite を購入してしまう

巷の一部で話題のこのゲーム

 

天穂のサクナヒメ

 

f:id:h_macky:20201121231711j:plain

 

もう何年もコンシューマーゲームをやっていない私でしたが

 

「なぜか」このゲーム発売日に何かの記事で「面白い」と書かれたのが目に留まり

 

さらに「なぜか」実況動画をみて

 

「なぜか」プレイしたい!と思ってしまいましたのです・・・(´Д`)

 

 

しかし先ほども言ったようにもう何年もゲームといえば

 

スマホのソシャゲーしかやってなかったので

 

ゲームのハードなんて持っていません

 

サクナヒメの対応機器は

 

Swith、PS4、steam です

 

ただ据え置きというより寝っ転がりながらやりたい人なので

 

今回、7~8年ぶりに購入するゲーム機として

 

Switch lite を購入したのでした(・∀・)

 

f:id:h_macky:20201121231956j:plain



 

あ、ちなみにこのゲーム ジャンルとしては

 

アクション + 稲作 です!!

 

はい間違いありません「稲作」です!!!

 

しかも田植え~刈り取りだけでなく 畑作り、肥料、雑草取りや水の管理等

 

非常に細かいところまでお世話せねばなりません

 

アクションやってても「田」の事が気になってしまうほど・・・

 

台風の日、ちょっと田んぼの様子みてくるって行く気持ちが分かったかも(´・ω・`)

 

 

購入したのはダウンロード版です

 

パッケージ版はどこも売り切れててダメだった(´Д`)

 

販売元はマーベラスですが、開発はエーデルワイスという同人ゲームサークル

 

ということでそりゃ販売本数少ないわ(笑)

 

っていうか同人ゲームサークルの作るレベルじゃないだろこのクオリティ・・・

 

最近話題になるゲームはどうしても開発規模も半端ないところばかりなので

 

このようなゲームが存在し、しかも面白いと話題になるということに

 

逆の意味で驚きでした!!

 

もしかしたらこういう開発背景のあるゲームだったから

 

「なぜか」私の琴線に触れるものがあったのかもしれません(?)